良い革靴は毎日履いて育てるのが鉄則なように、良いパンツにも同じことが言える。この手のヴィンテージスラックスは額に入れてワインでも飲みながら眺めたくなる気持ちは分からなくもないけど、それだけじゃあもったいないよ。この黒とカーキの中間色的な奥行きのあるカラーリングと薄っすらと艶っぽい独特の生地感が半端じゃないオーラを放ってる。これはやっぱり履いてみないと伝わり切らない感覚だと思うし、1年後2年後...もしくは10年後になって改めて凄さに気がつく。昔よくばあちゃんに「騙されたとおもって食べてみて」って言われたけどこういう時に使うんだな。 「騙されたと思って履いてみて」 ウエスト39cm 股上34cm 股下72cm 腿わたり35cm 裾幅23cm 

50’s Stripe Slacks

¥14,000価格